【BESS】猫がドアの取手にぶら下がり、ドアノブを開ける件について対策してみた【カントリーログ】

この記事は3分で読み終わります

飼い猫がドアノブにぶら下がりドアを開けてしまう、そんな経験をしてお悩みの飼い主さんいらっしゃいますか?

にゃおみ

だれのこと いってんのよ!
にゃおみ おねいさん のことでし

ノラ

ドアノブにジャンプし、しがみつき、見事に開ける

うちのにゃおみは冒険家なので、とにかく外に出たがります。六畳のネコ部屋に普段はいますが、そこからも脱走しようとして、ついにはドアを開けましたw
これはいかんということで、対策。

対策

その1:バンジーコード

まず初めに、取り急ぎ対策としてやってみたことは、キャンプ用のゴム紐で固定です。

こんな風に、外側のドアノブと、階段の手すりに引っ掛けました。

これでドアは反対方向に引っ張られ、内側のねこたちからは開けることができなくなりました。

伸び縮みしやすいバンジーコードがなにかと便利
デメリット

・人が廊下を通る時にゴム紐をくぐらねばならない

・にゃおみがあきらめない。何回もチャレンジして取手が傷だらけに

これはまずいので、さらなる対策です。

その2:ドアの取手をタテにする

ドアの取っ手を縦にしました。

結果的にこれでにゃおみは完全に開けられなくなりました。

縦にする方法は、私の家のドアでは簡単だったので、紹介します。

必要なもの
・プラスドライバー

手順

作業時間は5分ほどです。

Before

この3箇所を回して緩めます

まずはゆるめる

はずす

わりとかんたんに 外れます

たてにはめて、ネジを締める

くるくる

とりつける

これでオーケー

完成!
※力加減が難しい場合はムリせず、ハウスメーカー等にご相談ください。破損などあっても当ブログでは責任が取れません。。

にゃおみは開けられなくなり、あきらめてほぼチャレンジしなくなりました。対策完了!

んー だめね


※たまにテンションが上がると、チャレンジしますw

まとめ

・ドアノブを縦にする

・ドライバー1つでオーケー

・ねこはぶら下がれず開けられない

・それでもにゃおみはたまにチャレンジ

お悩みの方は、簡単なのでぜひお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です