DIY初心者がローテーブルを作ってみた

どうもかいぬしです。
年末の休みにやっとDIYができたので、書きます。
今回はけっこー大掛かりな(自分にとっては)DIYをしました。

それはなんと、ローテーブルです!!!
出来上がりの写真はコチラです。

このローテーブルを作りました。

結論を先にいうと、、

・作業時間は半日あればOK

・作業は二人で協力すれば難しくない!(と言いたい!)

・DIYならお金も安く済む

・好きなサイズ・デザインにできる

という感じで、やれて良かったので共有してます。

ローテーブル作って、何に使うのか?
私の場合は、
このブログを書く作業に使います。
あとは後々、音楽作ったり、動画編集したり、ちまちましたPC作業用にです。
娘がお絵描きしたりなどもいいですねー。

今まではというと、、
ダイニングテーブルで書いたり、
以前にカインズのDIYで作ったちょっとした机でブログを書いてましたが、

・高さが合わずPC作業しづらい。。。泣
・狭い。。。

などの悩みがありました。

それと、ロフトをずっと有効に使いたいなーっていうのがあったんですが、
うちのロフトは絶妙に狭いんです。

ごちゃごちゃしてて、せまい!!

なので、
市販のテーブルで合うものがなかったり、
高さのあるテーブルを置いたとすると、天井が低いので圧迫感があり狭くなる。
狭いロフトに圧迫感を出さずに、作業するとしたら、ローテーブルしかない!

さらに、 自分好みの高さとサイズを叶えるには、DIY!

ということになります。
そんな素晴らしいメリットを得るために、
ここまで来たらやるしかない、とやっと重い腰をあげたのでした!!

作り方

全体的な流れは、以下です。

ローテーブルの作り方の流れ!
  1. どんな感じにするか
  2. サイズを測る
  3. 材料を買いに行く
  4. お店で木を切ってもらう
  5. 家まで運ぶ
  6. 組み立てる

1、どんな感じにするか

先ほど書いたんですが、今回はローテーブル。
なぜかというと、ロフトが狭いので、テーブルを置いたとしても、
少しでも広く感じるようにです。

しかしながら、小さいものではなく、なるべく広く、快適に作業できるように。
そのためには幅と奥行きも重要ということでした。

いろいろな方のブログを調べて、一つの基準として参考にしたのが、

快適な机の広さ

幅:120cm

奥行き:60cm

です。
このサイズがPCのデスクトップ型のPCを置いたとしても、快適に作業ができるスペースとのこと。

ここにはデスクトップは置かないけど、ノートのMac Book Pro+ちょっとしたスピーカーや32keyの鍵盤など作業できたらいいなーってくらいで、このサイズ感にしたいと決めました。

2、サイズを測る

ローテーブルを、拭き抜けの柵にそのまま打ち付ける、
という斬新なアイデアを思いついたので、幅も取れるだけ取ろうと考えました。

この柵に直接L字で固定しちゃいます。

ロフトは上の画像のように、三角屋根なので、まずは高さを決めて、、
その高さと三角屋根が当たるところが、テーブルの端っこと考えます。(この説明で大丈夫かw)

ローテーブルの高さは、いろんなブログで情報を集め、
30〜38cmあたりが快適。と確認。
嫁の希望としては高い方が絶対いい!!とのことで、40cmになりました。。w

私と嫁は身長が割とある方なので、まあいいでしょう。
目線もノートPCだと下がりがちになるので、スマホ首対策にも高い方が良い。その分厚みのある座布団も敷けるし、40cmで決定!

我が家のローテーブルのサイズ

幅:229cm

奥行き:50cm

高さ:40cm

これでいきましょう。

3、材料を買いに行く

4、お店で木を切ってもらう

近くのカインズにて。
パイン材の集成材を調達。
希望の長さを伝えると、しっかりカットして頂けました。

↓集成材はネットでもいろんなサイズを買えるので参考程度に貼っておきます↓

我が家は、8000円くらいで、1/3は余ったw
倉庫に置いてます。なんかに後で使おう。
あとはL字の補強材を6つ。1つ数百円くらい。
(家に2個余ってたから買ったのは4つ)

5、家まで運ぶ

カインズで軽トラをレンタルし(無料)で運ぶことを覚悟してましたが、

嫁「は?うちの車に入るでしょ。」

という言葉を半信半疑で、我が家の軽自動車に詰んでみると。ギリギリ差し込めたっw
後部座席を倒し、運転席と助手席の間に差し込んで、ほんとギリギリ。
よい子の方はマネしない方がいいかもです。

6、組み立てる

コの字型にはコンセントがあるので、若干ずらして、L字型を4箇所につける。

L字金具で固定!

電動のドライバーの先端をドリルにして穴あけしてから、
そのままドライバーに替えて、ゴリゴリねじ止め。
ねじ止めが入っていかず、困った時(20分くらい行き詰まったw)がありましたが、反対側に回して、また入れて、を繰り返したらすんなりねじ止めできました。

5点くらいで止めてみました。

あとは吹き抜け側の柵にL字でくっ付けて、完成!
今回はペイントやニスまではせず、自然な感じで使ってみようと思ったので、ここで完成としました。

使ってみて

うむ。。なんとか、やれば、できるもんですね。。。

良かったこと

我が家のロフトが部屋として活用できるようになりました。
作業だけでなく、
家族で、ロフトでご飯を食べてみたり、娘がMacで映画をみたりなど、
ロフトに人気が出たことが純粋に嬉しい。

あとは我が家の暮らしにあった、
オリジナルな作品ができたことがDIYの強み。
集成材といえど、天然な木の風合いを楽しめるので気に入ってます。

失敗したこと・課題

まずは、土台の足。
この幅は当日も考えておらず、テキトーにバランス取れればいいと思ってコンセント差し込めるくらいだけ空けてたんですが、ルンバが通れる幅じゃなかったんです。
後から気づいた。。
両端をルンバが通れる幅にしておけばそのままローテーブルの下も入って行けたなー。

あとは、塗装ってやはり大事ですね。
無塗装は手触りは良いですが、キズに弱いし、
早速食べ物をこぼすとそのまま簡単に油のシミになる。
塗装でコーティング、目立ちにくくするのは重要だなーと痛感しました。

課題というか、次やらなければならないことは、吹き抜け側が、筒抜けていること。

子供がテーブルに万が一、乗ってしまったりしたら目が離せないし、モノを吹き抜けから落としたら危なすぎることwww
これはいち早く有効ボードか何かで塞ぎたいと思っています。
ついでに一段くらい、本棚のスペースも作りたいです。

やらねばなー!またブログにアップします。

まとめ

・作業時間は半日あればOK、二人で協力すれば初心者でも難しくない!

・DIYならお金も安く済み、好きなサイズ・デザインにできる

・ローテーブルはロフトを広く見せることができる

・塗装は薄くでもすることをオススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です